ネットショップ運営担当者のブログ

お手本にしたいネットショップ参考サイト【レディースファッション編】

  • 2020年2月6日
  • 2020年2月7日
  • 販促, 集客
  • 78view
  • 0件

こんにちは!楽しいECです

今回は非常に参考になるサイトをご紹介いたします!
やっぱり売れるためにはいいサイトを見て勉強するのが
早いと思います!

私がレディースファッションのジャンルで10年以上
ネットショップに携わってますので
レディーファッションジャンルのおすすめサイトにはなりますが
よかったら参考にしてください

このページでは

  • レディースファッションジャンルの参考にしたいサイトが分かります
  • 参考にしたいおすすめの理由が分かります

また、
ランキングで売れてるサイトを見ることはいいことですが
全部のサイトを参考にしすぎて
自分のサイトがごちゃごちゃした統一感のないページに
なってしまいます。

その点でも
これといった目標にしたいサイトをひとつ決めて
(価格帯、ターゲットなども含めて)
参考にしていってもいいかもしれませんね!

 

EC博士
ただしまるパクリはだめですよ!

全部参考にできるサイト「神戸レタス」

神戸レタス

 

新米店長
神戸レタスさん!おいしそうな名前だと思ったら
可愛いアパレルのサイトですねー
EC博士
ネットショップの中でもとても有名なサイトで
実店舗もあるんですよ!

まずは神戸レタスというECサイトを紹介しましょう
神戸レタスは公式サイト以外に楽天やYahooショッピングなどにお店を出しています!
また、関西を中心にリアルショップを出しており、
知名度は結構高く、
ネットショップに詳しくない人でも神戸レタス知ってるー
という人も多いのではないでしょうか?

ダメなところ全くない教科書みたいなサイト!

私が参考にしたいサイトを知りたい人がいたら
まず、神戸レタスを進めます

何故かというと、ホントに完ぺ完璧きだからです。
その部分をとってもお手本に出来るからです

ネットショップというのは、
まず得意なところを伸ばすとか弱点を克服すると思うのですが、
神戸レタスは全てを妥協せずにやって、全てをこだわり尽くす
というようなイメージがあります

例えば商品ページにしても
全ての画像の隅々までこだわっているように見えます
どういった商品かセールスポイントがどこかを
丁寧に作り上げています!
撮影画像も一枚一枚キレイですね!

あとイベントやセールや特集なども
頻繁に作っており、
特集ページも丁寧に毎回作っています!
リピーターやファンが付くのもよく分かります!

商品ページやイベント以外でも
店舗デザインや、モデルや、SNSや
商品企画や、販促や、イベントや企画や、メルマガや、価格設定や、
どのサイトも更新感がありますし、
どんなところも手を抜かずに徹底してます
ここまでしてるのは大手企業でも中々ないと思います!

結構、売れてないサイトは後回しにしてしまいがちですけどね、、

 

モデルやタレントをたくさん起用「GAL」

GAL(グレイル

 

新米店長
わー
よく見るアイドルやタレントをたくさん使っていますね!
EC博士
もちろん有名な方を使うのはすごくコストがかかるのですが
それを非常にうまくつかっていますね!
次に紹介したいのはGRL(グレイルです)
こちらのサイトもけっこう古くから第一線で活躍してるお店です!

販促の仕方が大胆でうまい!

GRLのサイトもとっても可愛いですが
とにかくモデルにお金をかけています
乃木坂46のメンバーや今田美桜さんなど
今人気のアイドル、タレント、モデルをたくさん起用しています

なかなかここまでコストをかけるのは怖いところですが
これを非常にうまく使いこなしていて、ファンを獲得しています
ページもすごく華やかですし、
これを10年以上ややり続けている感じです

ほかの部分のコストを少なくしていると思うのですが
GRLは楽天などECモールには出店せず自社サイトのみです

神戸レタスとGRL
両方ページは可愛いですが売り方はぜんぜん違うんですねー

韓国レディースファッションといえば「DHOLIC」

DHOLIC(ディーホリック)

次はこちらのサイトDHOLIC(ディーホリック)です!

DHOLICは韓国発のショップで
いわゆる韓国ファッションで日本でも大人気です!
おそらく日本の会社が作った日本用のサイトもあります!

写真に特化した商品ページ!

DHOLICはとてもすっきりしたデザインで洗練されています
トップページもあまり派手なバナーを使わず、必要最低限並べてる感じです

その代わり、商品ページにとてもこだわっています!
とにかく写真がきれいでかわいいです。真似できないくらいです
ひとつの商品に対してとても枚数が多く、スクロールしても続いています。

ただ、写真を撮るのがうまいんだけじゃなくて、
モデルやロケ地、写真加工やレイアウトも文字の入れ方もおしゃれでうまいです。

これでもかというくらい、これくらい写真に徹底すると
やっぱり売れてきます!

 

新米店長
確かに!写真が可愛いので
欲しい服がない時もずっと見てられますね!
EC博士
韓国は撮影する環境が日本より進んでるのかもしれませんね!

まとめ

レディースファッション参考サイトのお話いかがでしたでしょうか?
この3つ以外にもたくさんありますので
色々研究してみて下さい
売上に対しての出品数、出品頻度、カテゴリー比率なども
調べてみると面白いですよ!
このサイト!と決めたらブレずに自分だけのサイトを作ってみて下さい。

以上、参考になれば幸いです!