ネットショップ運営担当者のブログ

【楽天で売れる】入口商品とは?モール型ネットショップの販売戦略

  • 2019年9月26日
  • 2019年9月29日
  • 販促
  • 9view
  • 0件

ネットショッピング運営において
「入口商品」という言葉を聞いたことがありますか?

一度は聞いたことがあるかもしれませんが
特に楽天市場、Yahooショッピングなどモール型ネットショップでは
ひとつの戦略として売上上げるために必要な戦略と言われています!

このページでは

  • 入口商品とは何か?
  • 入口商品の作り方
  • 入口商品を使っての売上のあげ方

を解説していきます。

私はネットショップの運営を10年以上やっておりまして
ひとつのモール店舗だけで月商2800万達成したこともあります。
そこでのノウハウを役立てていただければと思います!

ネットショップでよく聞く入口商品とは何か?

入口商品とは文字通り、お客さんに買ってもらうにあたり、最初に提案する、また買ってもらう商品のことです。
客寄せパンダみたいなことですね。スーパーのチラシのたまご〇円!みたいな感じです。

「フロントエンド商品」とも呼ぶそうです(私は読んだことないです、知らなかった)

ただ、この生地で出てくる入口商品とは、必ずしも安いものではなく、
一時的に安売りするという意味でもありません。
純粋に入口となっている、お店の看板商品を指します。

なぜ入口商品を作るといいのか?

入口商品を作る一番のメリットとしては
アクセスが取れるということです

2019年現在、楽天やYahooショッピングなどのモール
の店舗数は年々増加しています。
飽和状態です。
楽天などで売れるためには
ランキングや検索順位の上位をとるのが、必要になっています。
ただ、今入っているのは大手企業だったりしていで
中々入ることができないです!

売れてるショップには
明確に「これが入口商品です!」っていう商品がある店舗が多いですね

入口商品戦略が不向きな店舗

入口商品が作りにくいジャンルやお店もあります。

商品を横展開して出品しているお店は売りにくいかもしれません。
例えばスマホケースを機種別に出品している、
木材をサイズ毎に出品しているなど、
お客さんが選ぶ商品によって、一つの商品だけを売れない場合です。

あとは、価格を変えられない商品(飲料品、書籍)など、
型番商品は難しいかもしれません。

楽天で売れる入口商品の条件とは?

ではどんな商品が入口商品に向いているのでしょうか?

結論から書きますと
やはり、競合店(ライバル)が少ない商品、
競合アイテムに差をつけられる商品がいいと思います!

あと、ある程度、検索需要があるキーワードが含まれる商品がいいですね!
検索される絶対数が少なければ、検索上位にあげても意味ありません。

入口商品はやっぱり安い方がいいの?

安いほうがいいか?と聞かれれば、安いほうがいいです
ただ、その商品の競合店より少しでも安ければそれでいいです。

ですが、必ずしも安かったらいいわけではありません。
競合店と比べて優れている点があればいいのです。

価格以外にも
デザイン、性能、素材、納期、送料、ポイント、商品ページ、レビュー、著名人に紹介されたなどの付加価値など色々あります。
もし、これらの要素が他社と全て同じだった場合、価格くらいしか選ぶところがないってことですね。

入口商品はひとつだけにしない

入口商品ができて永遠に売れ続けるといいですが、
いつか売れなくなることが来るかもしれません。

これも理由が色々あって、
トレンドが去った、需要のある季節が終わった、レビューが悪くなった、競合店に勝てなくなったなど様々です。

できれば、どの柱が折れてもいいように多くの入り口商品を作れることが好ましいです。
ファッションカテゴリで言うと、
春夏シーズンではこの商品とこの商品、秋冬シーズンではこの商品とこの商品
というような感じで増やせるといいですね。

楽天で売れる入口商品の作り方

では最後に入り口商品の作り方です。

この方法は初級~中級くらいのやり方になります。
自分の力で商品開発や仕入れの段階からリサーチして
思った通りに入口商品を作れる場合は見なくていいです。

また

  • 楽天、Yahooショッピングの店舗
  • 入り口商品がまだ決まっていない
  • ある程度商品数がある店舗

という方が条件になります。

アクセスが集まる商品、購入率が高い商品を見定める

まず、自分の持ってる店舗で、入口商品になりそうな商品を探します。

楽天やYahooなら管理画面の中に分析ツールがありますので
それを使って探します。

アクセスが集まる商品は購入率を上げる努力をする

まず、アクセス(UU)が高い商品を探します。
最初のほうはアクセスがもともと多い商品から対策していくほうがやりやすいです

入口商品は決まってなくても、
毎日アクセスが多い商品は決まっていませんか?

その商品はあるキーワードで検索順位で
そこそこ上位にいるかもしれません。
そのキーワードも調べます。

そのキーワードでモール内で検索すると、
自社の商品と同じ、もしくは似たような商品が一緒に表示されます。
それが競合店(ライバル)の商品になります。

そちらに、検索順位で勝てるように、改善していきます。

アクセスはある程度取れているので
購入率の対策を重点的に行います。
楽天などのモールの検索順位は売れた数がかなり大きいからです。

対策としては
価格、送料、納期の見直し、セールス画像を増やす、詳細画像を増やす、レビューの反映、商品自体の改善、有名な人に使ってもらうなど付加価値をつける、などたくさんあります。
どのターゲットが購入してるか調べて、ターゲットを絞ったページ作りにするのも大事ですね!

それをアクセスが高かった何商品が実行して、
順位か上がってくるか、購入率が上がったか試していきます。

購入率が高い商品に対してアクセスが上がる努力をする

今度は逆に分析ツールで
購入率が高い商品を探してみましょう。
ある程度はアクセス数(UU)があるほうが信頼度が高いです。
もしくは期間を長く設定して見てみましょう。

そこで出てきた、購入率が高い商品は
見られれば、売れやすい商品になります

そういった商品はアクセスがあがる改善をしていきましょう!

ジェストのキーワードを商品名に入れる、サムネイル画像を良くする、
価格、ポイント、送料、納期(ある楽)などがあります。

ただし、アクセスが上がらない商品もありますので注意が必要です。

  • キーワードがビッグすぎる。
  • キーワードの検索数が少ない(順位を上げてもアクセスが上がらない)

などがあります。

複数購入、リピート購入してもらう努力をする

実際、入口商品は安い商品が多いかと思いますので
その商品しか売れなければ利益率が下がってしまいますね

なので、違う入口商品を作っていくという目的も込めて
入口商品以外も売れるようにしましょう!

入口商品ともうひとつ商品を買ってもらうためは
クーポンや関連商品設定が有効です。

あとはリピート購入の対策としては
こちらのページで書いてますので是非ご覧ください

楽天でリピーターを増やす方法!リピーター率ってどのくらい?

それを全部やった後で
広告など考えていくといいです。

中々、検索されるキーワードで順位を上げるのは簡単ではないです。
コツとしては
まずはミドルキーワード(2語キーワード)から、
せめていったらいいと思います

以上、参考になれば幸いです!