ネットショップ運営担当者のブログ

[初心者]絞り込み検索の作り方!WordPressテーマ「THE THOR」が安くて簡単

こんにちは、ミカンです

このページはご自身のホームページやブログの中に絞り込み検索を作りたいっていう方におすすめして書いています!

  • 絞り込み検索を導入したいけど、開発できる知識がない作り方が分からない!
  • 絞り込み検索を導入したいけど、頼んだら値段が高そう!

そんなお悩みを解決します!

知識がない方でも超簡単にできる
WordPressテーマ「THE THOR」を使った方法で
絞り込み検索の作り方をご紹介をします!

絞り込み検索の作り方!WordPressテーマ「THE THOR」がおすすめ

絞り込み検索機能を知識がない方、予算がない方でも
簡単に安い価格で導入できる方法として私は

WordPressテーマ「THE THOR」をおすすめします!

私自身も THE THOR を購入して実装しており、
とても満足してます!

*ちなみにこのサイトもTHE THORを使って作成しております!

そもそも絞り込み検索機能って何?

このページを見てる方は、絞り込み検索の作り方を探しに来てる人が多いと思いますので、
絞り込み検索が何かを知っている方が多いとは思いますが、
知らない方のために、

こういうのが絞り込み機能です。

THE THORの絞り込み機能では

①まず、フリー検索ができます。
こちらはどのテーマでも付いてますね。

②さらにカテゴリーをドロップダウンで絞って
検索ができます!

③さらにさらにTHE THORでは
チェックボックスを使っても検索できます。
ON]かOFF、選択させて検索ができます!

④また、検索窓の下にタグ(注目キーワード)も
載せることができます!

フリー検索、カテゴリー、チェックボックスなど
複数の条件でサイト内を検索することができます。

ポータルサイトを作りたい方にぴったりです!
ポータルサイトとは ユーザーが投稿する口コミを集めたサイトや、
地域の情報を集めたサイトなど入り口になるサイトのことです!
(yahooや、食べログやyoutubeなど)

飲食店紹介でいくと

フリー検索+地域名(カテゴリー)+禁煙(チェックボックス)+大人数(チェックボックス)

見たいな感じの検索機能を作ることができます!

そんなのつくる知識がない、、という方も大丈夫!
複雑なサイトじゃなければ、WordPressテーマ「THE THOR」が
あれば上記の画像のような絞り込み検索機能が簡単に作ることができます!

WordPressテーマ「THE THOR」は簡単に絞り込み検索が設置できる

「THE THOR」は2018年10月に発売された
有料WordPress(ワードプレス)テーマです!

WordPressとは無料のブログソフトウェアで
PHPなどの知識がなくてもブログやサイトを作ることができるツールです。
テーマと呼ばれるテンプレートを導入することで
それぞれのデザインや機能をカスタマイズすることができるのです。

もちろん絞り込み検索以外も色々とすごいのですが、、
こちらのページにTHE THORの特徴(メリット・デメリット)まとめております。

THE THOR(ザ・トール)の口コミ!使った感想、デメリットは?

 

絞り込み検索は THE THOR をインストールしたら
すぐにでも超簡単にサイトに設置できちゃいます

詳しい絞り込み検索の作り方に関しては、
もう少し先に、後述します。

コスパ抜群!WordPressテーマ「THE THOR」が安い!

絞り込み検索を簡単に作れるということ以外で
THE THOR を進める根拠に

価格が安い!ということが挙げられます!

有料テーマにはなりますが、
業者に頼むと10万円くらいはかかりますし、
WordPressプラグインだけでもそれなりに値段はかかっちゃいます!

もちろん絞り込み検索機能のついた
無料テーマなんて存在しないと思います。

THE THOR は15,000円前後で購入できるので
圧倒的に安いです!
仮に絞り込み検索機能がなくてもとても価値のあるWordPressテーマです。

↓ THE THORの公式サイト!詳しくはこちら!
【圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすいWordPressテーマ】 THE・THOR(ザ・トール)

絞り込み検索機能の比較!「THE THOR」がコスパ抜群

絞り込み検索の機能が入っているWordPressのテーマは
ほとんどなく、分かりやすく作れそうなのは
THE THOR と GENSEN くらいでした!

2つのテーマを比較してみます!

テーマ名 価格 絞り込み検索の特徴
THE THOR ザ・トール 14,800円 キーワード+カテゴリー+チェックボックス
GENSEN ゲンセン 39,800円 キーワード(and・or)+カテゴリー(2つ)+タグなど

やはり、GENSENの絞り込み検索機能の方が色々とできることが多いです。
ですが、やはり相応の価格ですよね!、、

どれぐらいのことがやりたいかにもよりますが、
私はこの価格でここまでできる THE THOR はすばらしいと思います!

あと、wordplesのテーマではなく
プラグインとかもありましたが、
やはり、そこそこ値段はしますし、導入もややこしそうです(私の感想)

絞り込み検索の作り方!カテゴリーやチェックボックスなど

それではWordPressテーマ「THE THOR」を使って絞り込み検索の作り方をご紹介します!

*WordPressとテーマ THE THOR は導入済みを前提として話を進めます。

絞り込み検索の作り方!カテゴリーの設定

絞り込み検索の作り方ですが
まずはカテゴリーの設定をします。

カテゴリーとは記事の分類分けです
ブログでも
グルメ、子育て、仕事など分けておくと
読者が記事を探しやすくなりますよね?

WordPress管理画面の
投稿 > カテゴリー の
新規カテゴリーを追加
からカテゴリーを作成することができます。

余談ですが THE THOR では
カテゴリーページもこだわっており

カテゴリー個別に

  • meta description
  • titleタグ
  • 自由コンテンツ

を設定することが可能なんです。
SEOなどにも効果的になります。

絞り込み検索の作り方!タグ、チェックボックスの作り方

画像のチェックボックスが付いてる部分ですね。
こちらにチェックを入れて検索すると
そのキーワードを登録してる記事のみ検索できます!

作り方としましては
記事作成画面(投稿 > 新規追加)のサイドにタグというところがありまして
そこに入力したキーワードがチェックボックスとして表示されます。簡単!

もしサイドにタグを入力する欄がなければ、
ページの上部、表示オプションというところから
タグ入力欄を表示させることができます!
私もTHORインストールしたときに
記事作成画面にタグを入力する欄がなくで焦りました、、

記事にタグをどんどん入れちゃうと検索のチェックボックスも増えていきますのでご注意ください!

いよいよ絞り込み検索を設置してみる!

絞り込み検索の作り方ですが、
カテゴリーを設定して、ある程度記事を書き、タグを入れたら
いよいよ絞り込み検索を設定してみましょう!

まず、検索機能の設定が必要です!

外観 > カスタマイズ > 基本設定 > 検索機能設定 へ進みます

  • 検索機能の検索対象設定
    -どこの範囲を検索するか設定できます(投稿ページと固定ページなど)
  • 複数タグ検索時の検索方法設定
    -複数の言葉で検索したときに全ての言葉を含む投稿を検索するか(AND)
    どれかの言葉が入っている投稿を検索するか(OR)を設定できます。
  • 検索項目見出し設定
    -キーワード、カテゴリー、タグの見出しをカスタマイズできます!
  • 注目キーワードを設定
    -検索窓の下に注目キーワードを設定できます!

以上が設定になります。

最後に絞り込み検索フォームを設置してみましょう!

WordPress管理画面の
外観 > ウィジェット のページから
[THE]絞込検索 というウィジェットを使います

設置したいエリアにドロップして
タイトルを記入したら終わりです。

トップページや記事ページ、
サイドやフッターなどどこにでも設置できるということが
すごいですね!

本当に簡単に
絞り込み検索を作ることができました!

通常のダウンロード 価格:14,800円(税別)
圧倒的にSEOに強いWPテーマ【ザ・トール】

以上、参考になれば幸いです!ミカンでした!